書道を学ぶ

書道の正解の奥深さや、書道の楽しさを知って書道を始めましょう

書の世界は主に6つの要素から成り立つ

書を習うという本質は、筆の使い方であったり文字の書き方を習う事だと一般的には周知されています。このような解釈でも狭義だと間違ってはいません。ただし書の世界とはもっと奥深いのです。書道教室で書を習うのであれば狭義の理解ではなくもっと奥深い書の世界を理解しましょう。このような世界を理解する事でもっと書の教室は楽しくなるはずです。書の世界は主に6つの要素から成り立っています。まずはこの6つの要素を理解しましょう。

まず最初は、言葉です。言葉の芸術を書くのが書でもあります。書の作品を書くということは、書いた人本人がどれほど豊かな世界観を持っているかということに繋がります。漢詩・漢文・短歌・俳句はよく書の題材として使用されています。これはどちらといえば古典文学の部類になるものです。まずはこれらを正しく理解していきましょう。現代詩・現代文も現代を生きる人にとってはもちろん理解が必要です。しかし現代文と同様に古典文学を理解することでより書の世界がおもしろくなっていきます。

次に古典は文字の書き方や表現方法を理解していきましょう。次に文字ですが、文字の性質・成り立ちを深く理解していきましょう。そしてそれ以上に書き方を覚えていきましょう。

4番目の要素は、文房具です。文房具は文房四宝とも呼ばれており、特別扱いを受けております。 5番目の要素としては、篆刻です。やはり書をやる以上は篆刻の知識は持っておきましょう。最後は書作品の発表です。

書道教室の楽しさ

気軽に書道が楽しく学べる人数が少ないクラスもあったりして、書道教室では、楽しくもあります。国際交流が可能になったり地域密着型の教室であれば幅広い年齢層の人たちとの交流もできたりする楽しさがあります。このような楽しさがあるので毎回新鮮な気持ちで参加できたりもします。

教室によっては、筆跡心理学の観点から深層心理の簡単なアドバイスをしてくれる教室もあったりします。筆圧の強弱を意識させて脳体操をしたりとか、脳活性をさせたりとか最近の書道教室は色々な取り組みをしていますので様々な楽しみ方ができますのでどなたでも書道教室を楽しむことが可能であります。

書道教室には会社経営者であったり会社員であったり主婦や外国人や学生といった様々な人々が教室に通ったりしています。

やはり書道教室であれば一番書の楽しさが味わえるとこでしょう。書の魅力であったり書の伝え方であったりと楽しさいっぱいです。書道教室を通うことで祝義や年賀状を上手に書けたり、書体を色々な表現方法で書けたりできます。書で自分の個性を表現できたり、独自の書を書いたりすることもできます。このように楽しみながら美しい文字がしっかりと身に付くことができるのが書道教室でもあります。

このように色々な楽しみ方ができる書道教室でもありますので様々な年齢が楽しむ事ができ尚且つ様々な年齢の人々と交流ができますのでお気軽に書道教室に参加してみましょう。ほとんどの書道教室は、一人で筆が持てる年齢であれば子供でも参加可能な書道教室がありますので興味を持った書道教室があればお問い合わせをしてみましょう。

新着情報

そろそろ冬も終りに近づいて春が感じられるようになりました。暖かくなってくると女性が気になるのが脱毛。肌の露出が多くなると本当に気を使いますよね?女性にとって脱毛は永遠と言っても良いほどのテーマ。毎回のケアを大変な負担に思っている人もいるでしょう。

剃刀でそったり、クリームや脱毛器でケアしても、肌荒れになったり、すぐ生えてきてしまったりと、きりがありません。やはり脱毛は永久脱毛が一番。とにかく手入れが極端に少なくなるのは大きなことです。新宿や立川で脱毛をするならこちら