自分の作品を発表

自分が書いた作品をみんなに見てもらう方法を紹介

インターネット公開

書道では、自分が書いた作品を個展に出品したり展覧会に出品したり雑誌に出品したりと色々な方法で他の人の目に触れる方法があります。

最近ではインターネットが普及しているためにインターネット上で公開という方法もあります。展覧会では主に近場に住んでいる人の目には触れやすいですが遠くにいる人には見せる事が不可能でした。しかしインターネットで公開することによって不特定多数の人に閲覧してもらえる可能性があります。

最近では自分のホームページや自分のブログを持っていらっしゃる方も多いと思います。このような自分のサイトに書道の作品を載せてみましょう。自分の作品をインターネットに載せる事は非常に楽しいはずです。しかも閲覧してくれた人からコメントをもらえたりするので自分にとっても良いアドバイスがもらえることもあるので書道の上達方法の一つとも言えます。

またインターネットで自分の作品を公開する事で同じ趣味を持った人とも交流しやすい状況にもなるはずです。お互いの書道作品を見せ合いしてお互いにアドバイスすれば相乗効果も生まれてくるはずです。書道教室だけの交流だとどうしても限界が見えてきてしまいますがインターネットを利用する事で非常に多くの書道仲間と交流もできるので書道をさらに興味が深くなることでしょう。

このようにインターネットに公開しただけでも非常にたくさんのメリットが存在しますので是非興味のある人は実践をしてみましょう。

コンテスト応募

書道教室に通い始めてみるみる書道の腕が上達し始めてくるとやはりコンテストに応募してどれくらいのレベルに達しているのかやはり試してみたくなるはずです。コンテストに応募する事でレベルを把握してより一層書道教室にも身が入ります。そしてコンテストに応募して見事に入賞したりするとやはり嬉しくて自信にもつながります。コンテストにはこまめにどのようなコンテストが開催されているのか確認して応募をしてみましょう。このように積極的にコンテストに応募する事で早く書道の腕が上達していきます。

コンテストにはいくつか種類がありますのでどのようなコンテストが開催されているのか調べてみましょう。最近ではインターネットにもコンテスト情報がたくさん載っていますので自分が応募したいコンテストが開催されていましたらどんどん応募してみましょう。

子供がよく習い事をしている書道のため子供用のコンテストも開かれたりしています。小学生以外のコンテストもたくさんあります。中学生のコンテストだったり高校生のコンテストだったり自分が応募条件に当てはまるものがありましたらどんどん応募してみましょう。学生のみならず大人のコンテストもあったりします。

コンテストによって若干趣旨が違ってたりするコンテストもありますのでよくコンテストの内容も把握はしておいてからコンテストには応募する事でより一層書道の腕も上達しますのでコンテストの意図も理解してから応募するようにしましょう。