書道の書き方の基礎

書道の書き方の基礎。姿勢・筆の構え方・持ち方・重要な払いの書き方を説明

姿勢について

書道では、姿勢の正しさと筆の持ち方が非常に重要です。正しく姿勢を保つように普段から心掛けるようにしましょう。正しい姿勢を取る事によって文字も美しくなるのです。

まず姿勢の基本を身に付けましょう。まずは机の正面に座るようにしてください。身体と机の間には握りこぶし一個分の隙間をとるようにしましょう。そして肩の力を抜くように心掛けてください。そのためにはまずはリラックスです。背筋をピンと伸ばし身体を前に倒しましょう。倒す角度を約15度前後ぐらいが目安です。

このような正しい姿勢を取る事で非常に視野が広がっていきます。視野が広がる事によって紙面全体が見えるようになってくるのです。紙面全体が見えるようになるために筆の運びが大きくなっていき文字が表情豊かになって見えるのです。このような姿勢をとることで書道の上達が早くなっていくのです。書道に対する心構えがまずは姿勢からなのです。精神的にもすごく大切な要素にもなってくるのです。

そして最も大切な事は気持ちを集中させて心をこめるようにすることです。そのようにすれば自然に背筋もピントしてきます。まずは意識をしてでもいいので姿勢を正しくするように心掛けてください。何度もこのような姿勢で書道を取り組んでいくと自然に正しい姿勢が保てるようになってくるのです。

まずはみなさんも自然にこのような姿勢ができるようにしましょう。このような姿勢が取れればおのずと書道も楽しくなってきます。

筆の構え方

上手に物事ができるようになってくるとよく腕を上げると言われます。この腕を上げるという語源は書道からきているのです。筆を構えるときの手首から肘までのことを腕と言います。筆の構えは書道にとっては非常に重要な項目になるのです。

まずは筆をうまく構えるようにするためには腕をリラックスするようにしましょう。そして筆の真ん中ぐらいを持つように心掛けていきましょう。このような準備ができましたら和紙と向かいあうようにします。

腕の構え方としていくつかの種類があるのです。県腕法・提腕法・枕腕法というような種類が存在します。

県腕法では、ひじを浮かせて机につかないような方法です。体も密着させないようにしましょう。肘を外側に広げて、肩の筋肉を使うようにしましょう。全体的に肩から先を使用して筆の運び方をよりダイナミックにしましょう。

次に提腕法です。肘は机ぎりぎりですべらせて文字を書いていきます。細字・中字・かなを書くときに使用する方法です。肘から手首にかけて腕を支点とします。支点とさせてから筆を運ばせるのです。メリットとしては、筆が定まりやすくなっていくのです。

次に枕腕法です。左手の甲を枕のようにします。そして右手首にのせます。そして一緒に左手と動かしながら書いていくのです。筆と最も近い場所で固定する構え方になるのです。このような形であるために筆先のブレが非常に少なくて済むのです。細かい文字を書くときに使用するといい方法でもあるので、是非試してみてください。

筆の持ち方

筆の持ち方には、色々な種類があります。まず最初に覚えるのは難しい筆の持ち方ではなくてまずはもっとも基本的な持ち方である「双鉤法」を学んでいきましょう。

双鉤法は、2本の指をかける方法です。鉛筆を持つスタイルと非常に良く似ています。鉛筆の持ち方では人差し指の第2関節を立てないようにしてゆったりと持ちそして親指もゆったりとした持ち方をします。人差し指は、親指よりも鉛筆の先の方へ長く出るように持ちましょう。最後に持っている腕の方向に鉛筆を傾けるようにします。これが一般的な鉛筆の持ち方でもあります。

次に細筆の持ち方ですが、基本的には鉛筆の持ち方と変わりません。違っている点といえば持ち方はそのままですが筆の角度は鉛筆の場合には傾けていましたが、筆の場合には角度を立てていきましょう。

次に太筆の持ち方ですが、細筆と同様の持ち方をします。持つ位置は細筆よりは少し上を持つように心掛けていきましょう。もし筆が太い為に持ちにくさがあるのでしたら鉛筆の持ち方に中指を添えるようにして持ちます。このような形で持ちましたら肩の力を抜いて浅く持つようにしましょう。

双鉤法は2本の指をかける方法ですが、1本の指をかける方法として単鉤法といわれるスタイルがあります。こちらも双鉤法と同様に力を抜いて筆を浅く持つようにしましょう。

このような筆の持ち方がありますのでまずは基本の持ち方をしっかりと学ぶようにすることが書道の上達の第一歩とも言えます。

払いの書き方

書道を学ぶ上で払いは鬼門でもあります。書道を長い期間習っていても難しいところでもあります。縦・横棒においてはほぼ同じ筆圧で動くためにさほど難しさはありませんが、払いにおいては徐々に筆を上に持ち上げて書くためにこの筆圧を調整しながら書くのを習得するのが非常に難しいのです。この筆圧の加減についてはやはり練習をするしかありません。まずは基本を覚えておきましょう。

左払いの場合には、横・縦棒と同じ入り方をするようにしましょう。次に左へ動かし始めて徐々に上へ持ち上げていきましょう。この時には腕を動かしていきましょう。

次に右払いです。スタートは、筆の矛先が触れる状態ぐらいでスタートをさせましょう。次に徐々に筆圧をかけて太くするようにしましょう。この時に徐々に筆の矛先が向くのがわかってきます。下りの最後の方に右方向へ動かしていき筆を持ち上げるようにします。

以上が右と左の払い方の基本となります。まずはどのような払い方をするのか机上で覚えるようにして次に実際に何度も練習をして自分なりの感覚を身に付けるようにしてください。

また払いについては様々な形があります。払い方にも優しくてあたたかみのある払い方もあったり、突き刺さるような角が尖ったりというような払い方があったりと様々な払い方が存在します。まずは自分のあった払い方をひとつでも覚えるようにしましょう。一つ覚えたら次に違う形の払い方を覚えるようにすれば書道の楽しさが広がっていきます。