書道教室の種類

書道教室の種類には、教室型・出張教室型・通信教育型があります。

教室型の書道教室

書道教室では、一番思い浮かべやすいのが教室型だと思います。スタイルは、生徒さんが教室に来てもらって教えるというスタンスです。さらにこのような教室型でも様々な種類があるのです。自宅兼教室型、テナント教室型、公共施設を利用した教室型といったようにいくつか種類があるのです。

自宅兼教室型では経営者する側にとっては家賃分の経費が安く抑えられたりできますので授業料も安くできたりしますので生徒側にしてみればやはり気になるのは授業料ですので低コストで教室に通えるのはありがたいことです。自宅を教室にしているため何となく落ち着ける感じで書道に取り組めたりもします。

次にテナント型ですが、こちらは経営者側すればテナントの賃貸料金が発生します。経費が発生するために授業料も自宅型に比べると高くなりやすいのです。ただし自宅型に比べると本格的に取り組んでいる経営者が多いので書道教室としてはレベルが高かったりもします。

次に公共施設型ですが、公共施設のために無料で場所を借りられたりもする場合もあるのです。ただ書道用具が毎回経営者側が持参したりしてきますので設備に関しては他の2種類の型と比べてしまうと設備の劣りが若干あったりもします。

このように教室型によってメリット・デメリットがありますので、自分が書道教室を検討するにあたってどのような教室型を選ぼうとしているのか把握しておくと他の教室型と比べたりする材料にもなりますので把握しておきましょう。

出張教室型の書道教室

書道教室には出張型の書道教室も存在したりしています。簡単に説明すると教室に生徒が通うのではなく先生が自ら個人宅や会社に出向いたりして教えるという形になります。家庭教師みたいになるのです。

こちらは教室を開く側からすれば家賃が発生しなかったりしますので授業料が安くしている教室もあったりします。

女性が生徒とした場合に男性の先生だったりすると抵抗がある女性もいるかと思いますので検討が必要です。しかしペン字や書道を習いたいが教室に行くような時間がないため書道を習うのを断念するしかないといった方にはこのような出張型を選択するのもいい方法です。

他にもメリットがあります。重たい書道の道具を持っての移動をしなくても済んだり道具を運ぶ事で半紙の折れを気にする必要がありません。お体が不自由な人でもご利用ができますので非常に便利な形態な教室型でもあります。

そしてマンツーマンの体系で教えてもらえるのが非常にうれしいことです。マンツーマンであるために、実際に書いているところを見ながら上手くいかないところについて質問もできたりします。マンツーマンであるがゆえに他の人の目も気にならないで質問もできますので質問をすればするほどアドバイスももらえますので上達するのが非常に早かったりもします。

また出張型では1回訪問料金に当たるので生徒側が何人いても料金が同じといった出張型教室もありますので低コストで書道が学んだりすることも可能なのです。

通信教育型の書道教室

書道教室型に通信型といわれるものがあります。教室という空間は一切もちません。スマートフォンやパソコンやタブレット端末を使って書道を学んだりします。デジタル型の書道教室ともいえます。デジタル型と正反対のアナログ型の形態も存在します。

デジタル型は、リアルタイムに指導してもらえる特徴があります。通信型のために直接顔を合わせる訳ではないので上手にコミュニケーションが取れずにいるために、円滑に物事が進まないといった事も考えられるデメリットが存在します。アナログ型のデメリットとして自宅の住所・電話番号といった個人情報を教えなければいけないといったこともでてきます。デジタル型でしたらライブカメラを使用して教えたりもできますのでメール等の文字だけでコミュニケーションとるよりも非常にスムーズに物事が進んだりもします。

このように通信型にもメリット・デメリットが存在しますので自分に通信型が合っているのかよく検討してみましょう。授業料の課金においてもクリック一つでできたりもしますので比較的楽だと思われる方もいます。

このように通信型には他の教室型と比べても特徴的であると言えます。書道だけにアナログな物事をうまくデジタルと融合して学べるというのはデジタルのことも少しだけ覚えられたりしますので非常にメリットもあったりしていいかと思います。

自分にはどのような教室型でどのような種類が合っているか良く検討すればいい書道の習い方ができます。