書を書くとは

書道は心と体の構えと言われます。正しい姿勢と持ち方を知りましょう

書を書く姿勢・構え方・持ち方

普段の生活で文書を書くときは鉛筆・シャープペン・ボールペンが主に使用されたりしています。古来より用いられている筆と墨を使用して漢字だったりひらがなだったりといった文字を書いていく事が書道でもあります。

筆の持ち方や構え方は、普段使用されている鉛筆やボールペンといったものとは全然違う持ち方や構え方をします。姿勢・構え方・持ち方は書道を学ぶ上で非常に大切な要素でもあります。

書の構え方で非常に重要なのが自然に構える事です。自然に構える為にはまずは肩の力を抜いてリラックスをしていきましょう。筆をまず真ん中ぐらいに持つようにしましょう。真ん中を持ったら和紙と向き合います。

書道の世界では腕法といわれる手法があります。そしてこの腕法にもいくつか種類があるのです。そしてこのいくつかの種類を自分で身に付けるようにしましょう。

持ち方も非常に大切ですが、姿勢も大切な要素でもあります。書道の姿勢は、机の正面にまずは座ります。身体と机の間はおよそ握りこぶし一個分の間を離しましょう。リラックスしながら肩の力を抜いていきましょう。背筋はピンと伸ばすようにしましょう。身体は少し前に倒すようにしましょう。およそ15度ぐらい前に傾けるようにすると非常に美しい姿勢になります。

このように正しく姿勢を取る事で紙面全体がよく見えるようになります。正しい姿勢をとることで非常に視野が広がるようになるのです。書道は心と体の構えでもありますので正しい姿勢は必ず身に付けるようにしましょう。

心の遊びの書

一般的に書道のイメージは、堅い・習い事といった何か奥深い修行的な意味合いが強く根付いていたりもします。このようなイメージ通りに筆の使い方であったりと技術を学び習得するにはある一定期間の習得する時間が必要です。それでも原点は単なる文字を書くことです。もう少し気軽に書道について考えてみましょう。

最近ではIT技術も発展してきて筆自体を持つことが少なくなってきています。それが逆に書道自体が非日常の世界を生み出しているかもしれません。まるで白いキャンバスに絵をかくような高揚感がわいてきます。このような気持ちは書道でもまったく同じであります。

誰でも経験があると思いますが、幼少時代の頃に公園の砂場の上や・道路や・ノート上に落書きをしてきたと思います。その時のわくわく・ドキドキ感は誰しもが味わったことがある気持ちです。今度はそれを半紙の上で味わう事が可能なのです。

遊びは実に楽しいものですし、趣味も実に楽しいものであります。書道を堅苦しいものと先入観を解き放ってみてください。遊びとして捉える事で書をもっと楽しくとらえる事ができるのです。こんな気持ちで書を取り組むと楽しくてもっと前向きにもなれます。そして前向きになった気持ちが書を通して生き生きと表現されたりもしてきます。そんな心を映し出す鏡でもあります。

主に書道教室では子供の字の教育だったりとか、大人の毛筆・硬筆だったり、師範修得だったりとあらゆる面をサポートしてくれたりもして書の楽しさを教えてくれます。